2019年7月
「四万十うなぎ」タイ進出 東南アジアに販路拡大へ

うなぎの養殖・加工・販売を手掛ける「四万十うなぎ」が今年3月、タイ・バンコクに直営店をオープンした。2012年から養殖うなぎの海外への輸出を展開しており、海外販売額は年間3千万円。今後はバンコク経由で東アジアへの販路拡大を目指している。

 
[高知新聞(朝刊) 7/5]
 
カメラ特別モデルにミロクの木製グリップが採用
リコーイメージングのデジタル一眼レフカメラ「ペンタックスKP」の受注生産する特別モデルに、ミロクテクノウッドの木製グリップが採用された。自動車用木製ハンドルの加工など、実績と加工技術が採用の決め手となった。
 
[高知新聞(朝刊) 7/10]
 
高知県産2品が食コンテストで最高賞受賞

全国の優れた食品にスポットを当てる「にっぽんの宝物・ジャパングランプリ」にて、大豊町産ワインとジビエ料理の「おおとよのマリアージュ」が地域共創部門で、安芸グループふぁーむの「焼きナスのアイス」がスイーツ部門でグランプリに輝いた。

 
[高知新聞(朝刊) 7/21]
 
高知県産ショウガと全国の酒でチョコレート開発

ペットケア用品や建設資材などを製造するエスエスが県産ショウガと日本酒や焼酎を使った6種類のトリュフチョコレートを開発した。2014年からチョコレートの企画販売を始め、県内外の酒を使ったショウガ入りチョコレートを開発して売上を伸ばしている。

 
[高知新聞(朝刊) 7/26]