2021年5月
長期保存可能なスイーツ「焼きモンブラン」開発
四万十町の地域商社「四万十ドラマ」が、常温のまま約1カ月半保存が利く「焼きモンブラン」を発売した。同社の主力商品であるモンブランを、県外に売り出すことを見据えて長期保存可能な商品開発を進めていた。
[高知新聞(朝刊) 5/1]

イノシシ油の保湿クリームで犬の肉球ケア
  アロマ商品販売などを手掛ける田野町の女性が、犬の肉球をケアする保湿クリーム「ワンワンブフィ」を開発した。害獣として駆除されるイノシシの油を使用しており、町のふるさと納税返礼品にもなっている。
[高知新聞(朝刊) 5/10]

土佐打刃物のペティナイフ発売
  土佐打刃物の商品を開発、販売する「SOMATAKA」(香美市)が、デザインや使いやすさにこだわったペティナイフをオンラインで販売している。刃は黒鳥鍛造工場(四万十町)、柄は木工品メーカー「土佐龍」(須崎市)が製造しており、生活の中で気軽に使える商品開発を進めている。
[高知新聞(朝刊) 5/28]

高知カンパーニュブルワリーが四国ビジネスコンで最優秀賞
  県産の材料を使ったクラフトビールを醸造する香美市の高知カンパーニュブルワリーが、四国銀行など地銀4行の包括提携「四国アライアンス」主催のビジネスプランコンテストで最優秀賞を受賞。県内事業者の最優秀賞は初めてとなる。
[高知新聞(朝刊) 5/31]