【新入社員紹介】  ■【インターンシップのご紹介】

インターンシップのご紹介
実習期間 次回予定:2011年8月22日〜31日(8日間)
受入人数 5〜8名程度(1度につき)
※Word/Excelの簡単な操作ができる方。
申込方法

「自己アピール文」を提出してください。(E-mailで提出して頂いても結構です。)
≪記載内容≫
「学校名/学部/学科、
氏名、出身都道府県」
@当社のインターンシップに参加したい理由または目的
A当社のインターンシップで習得したいこと
B自己アピールできること

連絡先 管理本部 岡林・福永 TEL:088(850)0501 E-mail:recruit@pacificsoftware.co.jp
ねらい 次世代を担う学生に幅広い体験・知識の習得の機会を進んで提供し、高知の地域企業として、将来の地元社会の発展に少しでも貢献をなすことを目的とする。また、当社における体験を通して、ソフトウェア開発技術や利用技術、そしてソフトウェア産業の動向等を肌で感じてもらうとともに、組織の仕組み、仕事の流れを実感し理解を深めてもらうことをねらいとしている。
インターンシップ生へのメッセージ コンピュータ・IT業界に興味があり、多少なりともソフトウェア業界への就職を今後の進路として考えている学生方に、実際にソフトウェア開発現場を目で見て体感していただくことで、業界・業種・企業への理解を深めてもらいたいと思います。
そして、地方(高知)であっても全国レベルの仕事ができるということを実感してもらい、地元高知にもっと目を向けてもらえればと考えています。「生活の拠点は高知に、仕事は国内外から、技術レベルは世界標準」というのが、この点における当社のポリシーです。

■実習プログラム(2011年8月22日〜31日)

実習内容
午前
午後
1日目
オリエンテーション
基本研修(社会人の心得)
2日目
業務説明・職場見学
ソフトウェア開発の基礎研修
3日目
プログラミング実習体験
4日目
5日目
6日目
7日目
8日目
実習まとめ
報告発表会・修了証書授与

【1日目】
オリエンテーション、社会人の心得

実習日程、研修概要、注意事項の説明を行い、午後からは、新入社員研修の時に使うテキストの一部を使って、社会人の心得とマナーについて研修します。

【2日目】
業務説明、職場見学
ソフトウェア開発の基礎研修

当社の業務説明をそれぞれの担当者から直接説明します。また、実際に業務を行っている部屋等も見て頂き、自分の目や肌で雰囲気を感じて頂きます。午後からは、コンピュータの歴史やソフトウェアの開発手法、仕事の流れを講義形式で研修します。

【3〜7日目】
プログラミングの実習体験

何班かに分かれて、ソフトウェアの開発工程を設計からテストまで実習していただきます。途中、社員を交えたミーティングやレビューも行い、本格的な開発を行います。

【8日目】
報告発表会・修了証書授与

最終日までの成果をまとめ、管理職及び実習指導員報告発表します。また、実習の最後には、インターンシップ修了証書をお渡しします。

【2007年8月】